開催報告/第91回研究会「医療・健康で地域をつなぐ~地域医療構想における『健康な暮らし』とは~

5月はじめからとても忙しく、ホームページを更新するのが後回しになっていました(^_^;)

気づくともう7月終わり。

昨日、事務局をしている病院経営研究会で定例会が行われました。

今回は「医療・健康で地域をつなぐ~地域医療構想における『健康な暮らし』とは」というテーマで、大阪産業大学スポーツ健康学部佐藤真治教授をお招きし、お話をいただきました。

キーワードは「社会参加」

地域における予防医療について、先生が行われている放送大学で渡嘉敷奈緒美衆議院議員をお招きしたときのお話を例にあげられました。

渡嘉敷議員は、予防医療の第1ステージとして、「誰もが同じように同じサービスを受けることができる」ことをあげ、第2ステージとして、「個人の満足度を高めていくサービスを提供する」ことをあげられています。
日本は今、第2ステージを迎えています。
地域包括ケアの最終ゴールは地域ではなく個人です。個人に合わせたサービスを提供していくために、地域という生活に密着した単位で個人のニーズを捉えていくこと、それを実現させていくことが地域包括ケアの根幹であるとのことでした。

また、地域において医療と健康をつなげていくためには、市民一人一人が地域の健康課題を自らが考えて実現させていく仕組みづくりが必要だとのことでした。自分と地域がどうつながっていくのかを自ら考えていく、それが社会参加の第一歩です。
その社会参加を促進させるための大きなポイントは、少しの金銭的報酬と「ありがとう」の言葉かけです。
ありがとうと言ってもらえる仕組みづくり、ありがとうが行き交う地域づくりが予防医療の基盤になっていきます。

「歩くこと」から生まれるつながり

さらに、予防医療の分野で先生が深く関わっていらっしゃる豊岡市の例もご紹介頂きました。

豊岡市は、「市にとってもっとも重要な財産は市民の健康である」という考えから、「歩いて暮らすまちづくり」条例を策定しています。
「歩くこと」を単なる運動という位置づけではなく、人とつながりを作るツールだと捉え、総合的な予防の取り組みを行っているとのことでした。
「健康」は自分ごと、という考え方から、歩くことをはじめとした健康づくりを行政に任せる、つまり他人ごとではなく、自らの責任である覚悟を持たせるために、「歩いてもらう」「歩かせる」ではなく「歩いて暮らす」という表現を使われています。
さらに、室内で行う健康教室ではなく、「美しい景色があれば自然と歩く意欲が湧いてくる」という考え方から、景観整備をはじめとするまちづくり計画と健康政策を合体して捉え、予防医療を促進しているとのことでした。

歩くことの広がり

前事例から、佐藤先生は、「歩く」ことは健康増進にとどまらないと言われています。
歩く人が増えるということは、家に引きこもっている人が外に出るということです。外に出る人が増えていけば社会全体がアクティブになる、社会がより一層アクティブになれば、予防医療、健康増進で地域をつなげていくことができるとの見解を示されました。

2つ目のキーワード、「コミュニティ」

後半は講演いただいた内容をふまえて、「病院が人や社会をアクティベートする方法を考えよう」というテーマでグループワークを行いました。
病院の一部を開放してはどうか?カフェのようなイベントを行ってはどうか?病院側がコミュニティのイベントにもっと参加していくべきなんじゃないか…etc とても具体的で現実的で活発な意見交換が行われました。ここで、全グループが共通して出していたキーワードは「コミュニティ」
小さなコミュニティをつなげていくこと、そのつながりで地域がアクティブになっていくのではないかという共通の認識を持つことができました。

今回ご公演いただいた佐藤先生の専門は運動生理学です。
しかし、専門分野にとどまらず、現在は行動療法や地域医療連携など、さまざまなシーンで活躍されていらっしゃいます。先生はご自身で、明確なバックグラウンドがないからこそ、枠にとらわれることなく地域で自由な活動をすることができる と言われていました。
職種や役割にとらわれることなく、その枠を1つ超える行動、つながりの持ち方が、コミュニティをアクティベートする大きなポイントなのかもしれません。

たくさんの対話が行われた、とても意義深い貴重な時間となりました。

July Accessibility Calendar

 
 
 
あっという間に6月が終わりました。
 
恒例のAccessibility Calendar です。
 
7月 「自転車」
 
そこは、誰かの道かもしれません。
 
初めて自転車に乗った日から、
 
自転車に乗るために気を付けることはたくさんあっても、
 
自転車を停めるために気を付けることは、
 
限られているような気がします。
 
ほら、少しの気づきで、
 
バリアが、ひとつ、減った
 
確かに、私は、「自転車を停めるために」気を付けたことはあまりありません。
 
こういった少しの言葉で、気づくことはたくさんあります。
 
そして、少しの言葉で減っていくバリアも、きっとたくさんあります。
 
 
 

June Accessibility Calendar

みなさん こんにちは。6月になりましたね。 

 

6月 「雨」

いつもより、困ることが少し多くなります。

いつもはある音が聞こえません。
 
いつもは無い水たまりがあります。
 
木々や大地を濡らす雨は、豊かさの象徴です。
 
ただ、街で暮らしていると、
 
どうもあまり好かれません。
 
誰しもが雨を楽しむために必要なことを考えてみてはどうでしょう。
 

 

雨が降ると、いつもの日常が変わります。

 
聞こえる音が消えてしまう、
 
いつもは無い音が増えてしまう。
 
そんな音たちに翻弄されないように。
 
雨を雨として楽しむために、周りの人の少しの心遣いでできることがあるはずです。
 

 

こころとからだのバランス

これまでずっとバレエをしていたのですが、体調を崩してドクターストップがかかり、2年前にレッスンをやめました。
そのあとは週に
1回程度、トレーニングジムに通っていたのですが、体調を見ながら無理せず継続できるようにということで、ビジネスパートナーでもある理学療法士さんがやっているフィットネススタジオに変わることにしました。
 

ここは日中は高齢者のデイサービス、夜にフィットネスをやっています。

初回は関節の角度と全体的な筋力を計測をしてもらいながらエクササイズブランをたててもらいました。 

そこで衝撃の一言が…。

 

 「股関節が普通より固い」 …。

 

肩や肘、腰骨までの関節は通常より柔らかく、可動域(動く範囲)が広いけれど、股関節、足首の関節は通常より可動域が狭い とのこと。 

子どものころから身体が柔らかく、年齢があがるにつれて硬くなってきたとは思っていたけれど、それでもやわらかいほうと思っていましたし、今までに「体が固い」 と言われたことはありませんでした。今でも足の前後180度開脚もできるので、まさか固いなどとは…。

 上半身が細くて緩んでいるので、それを支えるために下半身が固くなっている…、
もっと言えばバランスの悪い筋力トレーニングで股関節周りの筋力が変についてしまって、より固めてしまっている とのこと。

 

・・・・知らなかった・・・・

 

ということで、下半身の関節を緩めながら、体幹を鍛え、全身のバランスを整えていくプランですすめていくことになりました。

こころも身体も整える、健やかプランを実践していきます。


自立支援型のケアで生活の質の向上を


5月に入りました。この春に新しく入職した職員のみなさんも、徐々に職場に慣れてきたころでしょうか。 

新年度を機に、新規開設した高齢者施設も各地で見られています。
ケアや設備など、それぞれに施設の特徴や強みがあり、利用者の選択肢も広がっています。
そのうちのひとつに「自立支援型」のケアを提供する施設があります。

利用者自身ができないことだけを助けて、生活の質をあげることを目指す という方針のもとでケアを提供する施設です。 

「できないことを支援する」 というのは、これまでも当たり前の介護保険の概念でした。
これに対して、自立支援型のケアは、もう一歩踏み込んだ考え方をしています。
さまざまな視点からのアプローチにより、できないことをできるようにトレーニングを行い、「できること」を増やすことによって、「支援すること」を減らしていくというものです。
                                                                             

歩けるようになるためには何が必要か? 不要なことは何なのか? 歩けるようになったら何がしたい? 誰に見てもらいたい?

漠然とした「回復・改善」のための支援ではなく、目標を目的をクリアにし、意識からもアプローチしていくことによって、意欲を引き出していきます。 

現在の介護報酬では、要介護度が高い人へのサービス提供のほうが、より高い介護報酬を得られます。
介入の結果、介護度が改善されると、得られる報酬が下がってしまうという仕組みです。
 

より状態の改善を求めていくために、次回の介護報酬改定に向け、自立支援のための介護加算をつけるという動きも始まっているようです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「自立」という言葉の定義は難しく、何をもって自立というのか、何をもって自立支援というのか、というのは個々の状態によって異なります。 

自立支援を考えたとき、まず、その人にとっての「自立」はどんな状態を指すのかが問われます。
その人にとっての自立がどのような状態なのかを定義するのはサービス提供者ではなく、利用者本人です。

それをクリアにしていくのはサービス提供者。
状態の違う利用者一人一人の「自立」、それを利用者自身からどのように引き出していくかが問われます。
より高いケースワークスキルが求められてきます。

そのうえでの自立支援=具体的なサービスの提供です。 

「自立支援」という支援の在り方が、加算のためのただの飾りではなく、本質的な生き方の支援につながるように、意味のあるサービス提供がより一層求められています。

 

 

 

May Accessibility Calendar

みなさん、こんにちは。 丸谷香です。
 
5月になりましたね。Accessibility Calendar のご紹介です。
 
Accessibility Calendar は、京都大学学生総合支援センター 障害学生支援ルーム で開発されたカレンダーです。
 
他者を尊重することの大切さを唱えた12の小さなエピソードが書かれています。
 
他者を尊重することの大切さは多くの人が共感することでしょう。
 
でも、本当のことをいうと、それだけではなくて、その先に「もう少しだけ歩み寄ってほしい事実」があるんです。
 
そんな小さなエピソードを毎月初日にご紹介しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5月 「Accessibility」(アクセシビリティ)
 
大切な誰かと一緒に、あの場所へ行きたい。
 
先生が熱心にすすめてくれた本を、私も読んでみたい。
 
でも、手が届きそうで届かない。
 
アクセシビリティが広がってほしい。
 
決して、特別ではない当たり前を共有するために、必要だと思うから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
例えば、「この本を読みたい」、例えば、「これについて知りたい」、
 
そんな当たり前に湧き出てくる欲求を、障害や、家庭環境で制限されるのはおかしい。
 
誰もが当たり前に湧き出る、「知りたい」 という欲求を、
 
当たり前に叶えられる社会でありたい。
 
その実現に向けて、動いていきたい。そう思います。
 
新芽があちことで芽吹き出す5月。
 
がんばっていきましょう(^^)
 

こころのところ~こころ相談研修センター~

2年前にお世話になっていた軽度発達障害の子どものための療育塾、『こころのところ』。

(以前にこんなブログを書いていました。ちょっと懐かしいですね。http://kaomaruru.blog9.fc2.com/blog-entry-160.html)

そこが今年度から新しく一般社団法人こころ相談研修センターとして開設しました。

これまでの療育塾を発展させた放課後等デイサービスと学校等訪問支援、療育相談などの事業を担います。

開設者の杉下先生はとても懐の深い、どんなこころも受けとめてくれる頼りがいのある臨床心理士さんです。

『こころのところ』の理念は子どもや保護者が気軽に相談できる心のよりどころであること、そして今すぐできる具体的な支援を提案することです。

発達検査や心理検査、カウンセリングにもとづいて、それぞれの子どもの困りごとに合った支援を提供していきます。

4月から不定期になりますが、ここを通じて学校等訪問支援事業のお手伝いをすることになりました。

私にとっても、事業所にとっても、そして市内の学校にとっても新しい取り組みです。

すてきなご縁に恵まれて、一層充実した楽しいお仕事ができそうです(^^)

こころ相談研修センターhttp://cocotoko.web.fc2.com/index.html 

臨床心理士・精神保健福祉士・保育士等の有資格者のみで構成された気さくで明るい相談センターです。

みなさん、ぜひチェックしてみてください。

 

2017年度のはじまりです

4月、新年度がスタートしました。

今日が入社式という病院も多かったのではないでしょうか。

極端に難易度が増したと話題になっていた平成29年第106回看護師国家試験。
受験者数62,534人に対し、合格者数は55,367人、合格率は88.5%だったそうです。

過去3回の合格率は89%、90%台で推移していたので、やはり難しかったようですね。

理学療法士・作業療法士などのリハビリ専門職の受験者数、合格者数は大きく変化はありませんでした。

注目すべきは介護福祉士です。
平成29年の介護福祉士国家試験 受験者数は76,323人。
過去3回は15万人単位で推移していましたが、半分以下に減少しました。
合格者数は55,031人。合格率は72.1%です。過去3回の合格率は60%前後です。

受験者数が半分以下になっているのに、合格率が10%以上高くなっています。
介護職離れの社会風潮と、介護人材を減らしたくない政府の意向が読み取れます。

職種の動向はいろいろありますが、なにはともあれ、新しく医療・福祉職に就いたみなさんが元気で活躍できる環境を整えていきたいものです。

今年度はさまざまなかたちで、医療や福祉に関わる人たちのサポートを実践していこうと考えています。

April Accessibility Calendar

今日から4月ですね。

今年の1月から、京都大学学生総合支援センター 障害学生支援ルーム で作成してる素敵なカレンダーをご紹介しています。

4月はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月 「人・人・人」
 
春の陽気は人の行動を後押しします。
 
ただ、慌ただしく過ごすことで、
 
誰かのことを考えることが少し減ってしまうかもしれません。
 
誰もが、平等に、慌ただしくするために、
 
一人一人が、ほんの少しゆっくり歩いてみるというのはいかがでしょうか?
 
 

「誰もが平等に慌ただしくするために」
 
私の中では新しい発想です。
 
そうです。みんな、同じように忙しいし、慌ただしいんです。
 
その喧騒の中にさえ、同じように入りたいものなのです。
 

病院経営研究会研修事業

 

 

 

 

3月16日、病院経営研究会研修事業の初級看護管理者向け研修 『看護主任、師長、副部長のための管理者研修~アドラー・ドラッカー・コヴィーから学ぶ』 を開催いたしました。

3回シリーズの最後となる今回のテーマは、「How toからの脱却」です。

 

もしも今あなたの夢がかなうとしたら?

あなたの夢がかなうとしたら?という問いをきっかけにセルフイメージをつけていきます。

セルフイメージは自分自身で創ったのではありません。

周りの人に創り上げられているのです。

スタッフを叱ることができない、しっかりリーダーシップをとれない…

それには自分自身のセルフイメージがかかわります。

自らの中にあるホメオスタシス(恒常性)が邪魔をします。

変化を導くためにはまず自らのセルフイメージを知る必要があります。

セルフイメージを変革させていくために、まず自分との約束を守ること、小さくみえる少しのことから始めていきます。

セルフイメージが変わり、目指す人に近づいていくと、今までとは違う別の情報が入ってきます。
新しい情報が入ると意識の変革がはじまります。意識が変わると行動にも変化が訪れます。

強みを知るにはフィードバック分析

高めたセルフイメージから強みを見つけ、強化していくためにはまず気づいたことを書き留め、目標を設定し、振り返りを行うことです。

一生懸命取り組んだ仕事は何か?失敗は何か?

期待と結果を照合していくことで新しい方法と行動が見出せます。

強みが分かればその強みに集中すること、その強みをさらに伸ばすことに集中していくこと、そうすることで、仕事の仕方や学び方をさらに理解することができます。

プロフェッショナルとしての働き方

プロフェッショナルとは、生涯プロとして働き続けること、それをコミットしていくことです。

仕事を人生労働として捉え、息の長い働き方を考えていくことにそのヒントがあります。

組織改善をしたい、編成をしよう、そう考えだした時点でセルフイメージ、自分がとらえている組織のイメージは動き始めます。

自分自身が選択した反応が組織や部署を変化させていきます。

優秀な人材の不足が叫ばれる昨今ですが、人材は組織の中に必ずいます。

自分自身のセルフイメージを変革させることで見えている世界を変え、新しい世界を見つめてみることからマネジメントは始まります。

人心掌握のはじまりはセルフイメージです。

対等に相手と接し、相手を尊敬信頼し、相手の誠意を信じる。

心を掌握するのではなく、双方向のかかわりで人の心はつながり、双方からの掌握がうまれます。

前回と同様、関西のたくさんの病院から看護管理者のみなさまにご参加いただきました。

少し期間をおいて、フィードバック研修会を行う予定にしています。
ご参加していただいた皆様、ありがとうございました。