こころとからだのバランス

これまでずっとバレエをしていたのですが、体調を崩してドクターストップがかかり、2年前にレッスンをやめました。
そのあとは週に
1回程度、トレーニングジムに通っていたのですが、体調を見ながら無理せず継続できるようにということで、ビジネスパートナーでもある理学療法士さんがやっているフィットネススタジオに変わることにしました。
 

ここは日中は高齢者のデイサービス、夜にフィットネスをやっています。

初回は関節の角度と全体的な筋力を計測をしてもらいながらエクササイズブランをたててもらいました。 

そこで衝撃の一言が…。

 

 「股関節が普通より固い」 …。

 

肩や肘、腰骨までの関節は通常より柔らかく、可動域(動く範囲)が広いけれど、股関節、足首の関節は通常より可動域が狭い とのこと。 

子どものころから身体が柔らかく、年齢があがるにつれて硬くなってきたとは思っていたけれど、それでもやわらかいほうと思っていましたし、今までに「体が固い」 と言われたことはありませんでした。今でも足の前後180度開脚もできるので、まさか固いなどとは…。

 上半身が細くて緩んでいるので、それを支えるために下半身が固くなっている…、
もっと言えばバランスの悪い筋力トレーニングで股関節周りの筋力が変についてしまって、より固めてしまっている とのこと。

 

・・・・知らなかった・・・・

 

ということで、下半身の関節を緩めながら、体幹を鍛え、全身のバランスを整えていくプランですすめていくことになりました。

こころも身体も整える、健やかプランを実践していきます。